処方箋が不要なら、時間が節約できます (処方箋なし賛成派)

処方箋なしでコンタクトレンズが購入できるお店のメリットのひとつとして、時間が節約できるということがあると思います。処方箋が必要なお店で購入する場合、眼科で処方箋を発行してもらう必要があります。それは単に費用の問題だけでなく、あなたの大切な時間も取られるということになります。

 

まず面倒なのが、眼科探しです。眼科でコンタクトを販売している場合や、コンタクトレンズ販売店と眼科が提携している場合(当然、医販分離の原則に反しはしますが)は別ですが、レンズ価格が安い通販店をあなたが見つけて、その通販店で処方箋提出が必要だった場合などは、処方箋のみの発行を受け付けてくれる眼科を探さなくてはなりません。

 

残念ながら多くの眼科は、その眼科(もしくは提携販売店)でコンタクトレンズを購入しない場合は、処方箋の発行をしない、というところが多くあるのです。これは許されることではないとは思うのですが、現実にそうです。

 

そうなると、事前に眼科に連絡をとって、処方箋のみの発行を受け付けるか否かの確認作業をしなければなりません。一度、大丈夫な眼科を見つけておけばいいですが、眼科の方針がいつ変更になるかはわからないので、注意が必要です。

 

そして、無事に処方箋のみを発行してくれる眼科が見つかったら、検診の予約をし、そして当日そこに行く必要が生じます。往復の移動時間もありますし、当然検診の時間が掛かります。受付から検診までの待ち時間もあるでしょうし、検診後、お支払い等を済ませるまでの待ち時間もあるかと思います。

 

そうやって無事に入手した処方箋を、今度はコンタクトレンズ購入時に、販売店側に送らなくてはなりません。郵送の場合や、FAX、メール添付書類などでよいケースなどもあるかと思いますが、そのための手間と時間も当然掛かるわけです。

 

処方箋提出義務があるお店でレンズを購入する場合は、このよに目に見えない時間というロスも生じることは、認識しておくべきでしょう。

コンタクトレンズ処方箋不要店での時間節約法関連ページ

医版分離に反するコンタクトレンズを販売する眼科の存在
眼科がコンタクトレンズをの販売をすることは医版分離の原則に反します。たとえやリ方を変えたとしても、その理念に反していることにはかわりないと思います。
薬事法ではコンタクトレンズ処方箋は不要です
コンタクトレンズ処方箋は、薬事法上は不要だということをご存知でしたでしょうか?処方箋不要でコンタクトレンズを購入することは、当然、合法なんですよ。
コンタクトレンズ処方箋不要店での費用節約法
コンタクトレンズ処方箋不要の通販店で購入すれば、処方箋発行に伴う費用を節約可能です。
コンタクトレンズ処方箋不要店も含めて購入先を検討してみよう
コンタクトレンズ処方箋不要の通販店までも含めて、購入先を選べれば、それだけ選択肢も広がりますよね。