処方箋不要店も含めれば、購店の選選択肢も広がります (処方箋なし賛成派)

処方箋提出を義務化しているお店を利用するか、処方箋なしでコンタクトレンズが購入できるお店を利用するかは、もちろんあなたの判断で決めていただいてかまいません。ただ言えることは、処方箋なしで購入できるお店まで含めて考えると、お店の選択幅がかなり広がります。

 

瞳の安全性はとても重要です。眼科検診も必ず定期的に受けて欲しいと思っています。ただし、そのことと処方箋は分けて考えてもいいのではないでしょうか。コンタクトレンズ屋併設の眼科の中には、眼科の責任者以外は素人同然のアルバイト研修医というケースも少なくないと聞きます。

 

彼らの誤診は大きな問題にもなっています。そのようなところで、形骸的な処方箋発行手続きを踏むよりも、きちんとした眼科で、処方箋とは関係なくても、しっかりとした定期健診を受けたほうがよっぽどいいでしょう。

 

そうすれば、コンタクトを格安価格で販売する、多くの処方箋不要の販売店も、レンズ購入店の選択肢として入れることができるのです。国内にも、国外にもそのようなお店は幾つもありますので。

コンタクトレンズ処方箋不要店も含めて購入先を検討してみよう関連ページ

医版分離に反するコンタクトレンズを販売する眼科の存在
眼科がコンタクトレンズをの販売をすることは医版分離の原則に反します。たとえやリ方を変えたとしても、その理念に反していることにはかわりないと思います。
薬事法ではコンタクトレンズ処方箋は不要です
コンタクトレンズ処方箋は、薬事法上は不要だということをご存知でしたでしょうか?処方箋不要でコンタクトレンズを購入することは、当然、合法なんですよ。
コンタクトレンズ処方箋不要店での費用節約法
コンタクトレンズ処方箋不要の通販店で購入すれば、処方箋発行に伴う費用を節約可能です。
コンタクトレンズ処方箋不要店での時間節約法
コンタクトレンズ処方箋不要の通販店で購入すれば、処方箋発行費用だけでなく、あなたの時間も節約できます。