処方箋が不要なら、費用が節約できます (処方箋なし賛成派)

処方箋提出を求めていくるコンタクトレンズ販売店がありますが、処方箋を提出するということは、眼科で検診を受けて、処方箋を発行してもらう費用が別途に発生するということです。処方箋費用は、販売店側ではなく、当然自己負担ですので、その分の支出も考慮にいれておく必要があります。

 

たとえレンズ価格が安いお店でも、処方箋費用を加味したら割高というケースもあるかもしれません。2006年の薬事法改正により状況はある意味改善もされましたが、2006年にコンタクトレンズ検査料が制定される以前は、かなり高い個別検査料の点数を加算して、患者と国(健康保険)に大きな負担を掛けていた眼科もありました。

 

これを問題視した国が、2006年に法改正に踏み切ったわけですが、それを契機に、健康保険を適用させず、全額自己負担となる自由診療(保険外診療)とする眼科もでてきているという、別の問題も発生してきています。このようにコンタクトレンズと処方箋の間にはいろいろと問題があります。

 

また、処方箋そのもの自体の費用に加えて、眼科医に行くための交通費等も掛かっていることもお忘れなく。処方箋不要のお店で購入すれば、このような費用は節約することができることになります。

コンタクトレンズ処方箋不要店での費用節約法関連ページ

医版分離に反するコンタクトレンズを販売する眼科の存在
眼科がコンタクトレンズをの販売をすることは医版分離の原則に反します。たとえやリ方を変えたとしても、その理念に反していることにはかわりないと思います。
薬事法ではコンタクトレンズ処方箋は不要です
コンタクトレンズ処方箋は、薬事法上は不要だということをご存知でしたでしょうか?処方箋不要でコンタクトレンズを購入することは、当然、合法なんですよ。
コンタクトレンズ処方箋不要店での時間節約法
コンタクトレンズ処方箋不要の通販店で購入すれば、処方箋発行費用だけでなく、あなたの時間も節約できます。
コンタクトレンズ処方箋不要店も含めて購入先を検討してみよう
コンタクトレンズ処方箋不要の通販店までも含めて、購入先を選べれば、それだけ選択肢も広がりますよね。