コンタクトレンズ処方箋なしでの購入に賛成

コンタクトレンズを販売・購入する際に、処方箋の提出の義務付けをすべきか、しなくてもいいかでの議論があります。それぞれの立場を支持する根拠や意見があります。こちらのコーナーでは、処方箋なしでのコンタクトレンズの販売・購入に賛成・支持する立場について載せています。

 

なお、当サイトの立場は、ここのコーナーと同じく、処方箋なしを支持する立場をとっています。理由を言いますと、処方箋なしで使い捨てコンタクトレンズを購入できることは、法律的に認められた消費者の権利だからです。これが一番の大きな理由です。

 

もちろん、そのために消費者である私たちが気をつけるべき点は、幾つかあります。眼は体の大事な一部でありますから、それを損なうような眼疾患等にならないような十分な注意は必要です。

 

だからといいまして、「処方箋提出=眼障害は発生しない」、「処方箋不要=眼障害が発生する」、と必ずしもなるわけではありません。そのように、短絡的にものごとを結論づけるのは間違っています。また、処方箋の取扱いの有無だけで、眼の安全を語ることは危険とも言えます。

 

眼の安全には十分に注意を払いながらも、購入時の処方箋提出を強要することには反対であると私たちは考えています。

コンタクトレンズ処方箋なし賛成派?記事一覧

処方箋なしでコンタクトを売っている販売店では問題はおこりませんが、処方箋提出要としてコンタクトレンズを販売しているところの中に、ある問題が生じているケースがあります。それは、眼科でコンタクトを販売しているケースと、眼科併設、もしくは、眼科とコンタクト販売店が提携して、購入者にコンタクトレンズを販売しているケースです。これらの何が問題かと言いますと、厚生労働省が推進している医販分離の理念に反している...

コンタクトレンズを購入する際に、眼科医から交付された処方箋を提出しなければならない、などということは法律(薬事法)上、存在しません。そのような法律の制定はないのです。コンタクトレンズ利用者の眼疾患を低減させるためにも、コンタクト購入時の処方箋提出の義務化を法律で定めるべきではないか、との議論が衆議院でされたこともありますが、結論は、処方箋の提出義務は不要ということに落ち着きました。この結論に至った...

処方箋提出を求めていくるコンタクトレンズ販売店がありますが、処方箋を提出するということは、眼科で検診を受けて、処方箋を発行してもらう費用が別途に発生するということです。処方箋費用は、販売店側ではなく、当然自己負担ですので、その分の支出も考慮にいれておく必要があります。たとえレンズ価格が安いお店でも、処方箋費用を加味したら割高というケースもあるかもしれません。2006年の薬事法改正により状況はある意...

処方箋なしでコンタクトレンズが購入できるお店のメリットのひとつとして、時間が節約できるということがあると思います。処方箋が必要なお店で購入する場合、眼科で処方箋を発行してもらう必要があります。それは単に費用の問題だけでなく、あなたの大切な時間も取られるということになります。まず面倒なのが、眼科探しです。眼科でコンタクトを販売している場合や、コンタクトレンズ販売店と眼科が提携している場合(当然、医販...

処方箋提出を義務化しているお店を利用するか、処方箋なしでコンタクトレンズが購入できるお店を利用するかは、もちろんあなたの判断で決めていただいてかまいません。ただ言えることは、処方箋なしで購入できるお店まで含めて考えると、お店の選択幅がかなり広がります。瞳の安全性はとても重要です。眼科検診も必ず定期的に受けて欲しいと思っています。ただし、そのことと処方箋は分けて考えてもいいのではないでしょうか。コン...