国外店利用者の不安とリスクの口コミ情報

日本人向けに使い捨てコンタクトレンズを販売しているお店は、国内・国外かかわらず日本語のホームページのショップを持っています。したがって、そのお店が本当に国内にあるのか、それとも海外にあるのかは、ホームページ内の会社情報等をチェックしないと、わからなかったりします。具体的には、シンガポールやカナダといった国が多いようです。

 

実際に、日本国外にあるお店からコンタクトを購入している人は多くいます。ただ、それと同時に国外店の不満も口コミ情報として多くあるようです。もちろん各お店によって対応は違いますから、一概に言えない部分もありますが、国内店でない場所からコンタクトを購入する際の不安要素や、実際のリスクとして、消費者として知っておく必要はあると思っています。

 

まず一番多いのが、納期の遅延と、その対応に関してです。もともとアットスタイルのような国内ショップの「最短即日発送」などとは違い、海外に拠点を置くお店からは10日から2週間程度の納期がホームページ上に記されています。

 

もちろん、あらかじめ承知していれば、この納期で届いても問題はありません。困るのは、表記上の納期で届かない場合。国内郵便事情だけでなく、海外郵便事情も影響してくること等からか、海外から納期どおりに商品が届かないという声が聞かれます。通関業務で時間が掛かるというケースもあるようです。

 

納期遅延のクレームの連絡をショップ側にしても、対応が悪く不快な思いをしたという声も聞きます。しかも届いた商品の箱が潰れていたりといったケースもあるようです。海外での郵便取り扱いは日本ほど丁寧でないケースも多いので避けられないことかもしれません。

 

そして、もし届いた商品に不良品があった場合、非常に面倒です。まず、日本国内のメーカー保証を受けることが出来ません。メーカー保証が受けられるのは、日本国内正規品のみだけだからです。海外のお店でもショップが対応してくれる場合もありますが、商品は国際郵便で送り戻さなければなりません。そして、再到着までもさらに大変な日数がかかるわけです。

 

従いまして、やはり アットスタイルのような国内店舗のお店が安心です。商品もすぐに手に入りますし、メーカー保証も対応してくれます。安心感が違います。しかも、アットスタイルは処方箋も不要でレンズ購入可能です。