コンタクトレンズ通販店によって掛かる「手数料」

コンタクトレンズ通販店によっては、レンズ購入時に「手数料」が掛かるお店があります。いったいどのような仕組みなのでしょうか。 手数料の掛かり方には2種類あります。ひとつは、商品(レンズ)金額の合計に対して手数料が掛かるケース。ふたつめは、商品(レンズ)と送料の合計に対して手数料が掛かるケースです。

 

1.商品金額の合計に対して手数料が掛かるケース

 

この例に該当するのが、安いレンズ、コースタルレンズ、MAXLENSなどです。例えば、安いレンズの公式サイト上では、表示の販売価格には手数料は含まれていなく、また、手数料は予告なく変動する場合があります、としか表記がありません。

 

手数料が何パーセントであるかの表記もありませんでしたので、直接問い合わせをしてみました。問い合わせた返答では、手数料は、商品価格の4.5%ということでした。以前はサイト上で3.5%と明記している時期もありましたので、変動することもやはりあるのだということでしょう。

 

2.商品と送料の合計に対して手数料が掛かるケース

 

こちらの例に該当するのは、Glens、eコンタクトなどとなります。例えばGlensでは、手数料については、「注文手続手数料として商品合計+送料の5%を頂きます。」とはっきりと明記してあります。これは、クレジットカード払いであろうと、銀行振込みであろうと、コンビニ決済であろうと、支払い方法のいかんにかかわらず同じです。

 

わたしとしましては、なぜ、(注文手続)手数料が別途掛かるのかは、理解に苦しみます。すべての商品、すべての支払い方法に対して掛かる手数料であれば、商品金額に含めるのが妥当だと考えます。注文手続手数料が必ず掛かるというならば、逆に言えば、手数料が掛からないケースはないということではありませんか。

 

 

このような方法で手数料を追加している通販店は外国に拠点を置く通販店の一部です。手数料を込みにしても、結果的にそれでも安いというケースはあります。ただ、コンタクトレンズ購入者である私たちのとって、不明瞭でわかりずらい価格システムであることには間違いありません。