アメリカでは処方箋が必要 (処方箋なし反対派)

アメリカにおいては、消費者はコンタクトレンズ購入にあたって、眼科医か検眼医に検眼してもらい、コンタクトレンズ処方箋(Prescription)は発行してもらわなくてはなりません。

 

これは、コンタクト専門店でもそうですし、コストコなどの大手スーパーに入っているコンタクトショップでもそう、また、コンタクト通販ショップでも同様です。コンタクトを購入する際には、アメリカでは処方箋が必要です。

 

ただし、日本の眼科が行っているような簡易的な眼検査ではありません。視力や視野チェック、眼底検査と眼球チェック、そして、視神経や眼底異常、緑内障、白内障などのチェックもひと通りされるのが普通です。視神経や毛細血管の様子を説明してくれることさえあるようです。

 

日本においては、処方箋が法定化されていないこともあり、眼科医によって検査の内容もまちまちです。処方箋に何を記載するかさえ統一された決まりはありません(自主規制による記入例があるだけです)。

 

ましてや、コンタクトショップと提携している眼科では、眼科専門でない医師や、研修医がアルバイト程度で勤務していて、緑内障などの眼障害を見逃したというような例も報告されています。

 

このようにアメリカと日本とでは、処方箋といっても全然レベルが違います。アメリカが処方箋提出が必要なのだから、日本もそうすべきだと言う前に、日本の現状において改善すべき点がまだまだありそうです。

アメリカではコンタクトレンズ処方箋提出は法制化?!関連ページ

厚生労働省では自主規制を推進している
使い捨てコンタクトレンズの販売や、利用者の安全性について日本の厚生労働省はどのような考えや取り組みをしているのか。
処方箋提出イコール眼定期健診の機会
コンタクトレンズ購入時に処方箋を提出するということは、その時に眼検診を受ける機会になるということですよね。
処方箋があれば最新のレンズデータが知れる
コンタクトレンズ処方箋を発行してもらうということは、あなたにとっての最新のレンズデータを入手するということです。
眼科はコンタクトレンズ処方箋発行のみは受けたくない
コンタクトレンズの処方箋の発行のみを依頼してくる患者を、眼科医は正直受けたくありません。
販売店が受けるコンタクトレンズメーカーからの圧力
コンタクトレンズ販売店とレンズメーカーとの関係を知るといろいろと見えてくることがあります。