瞳を定期的に検診する機会を失う (処方箋なし反対派)

コンタクトレンズ処方箋を交付してもらうには、眼科医の診察を受けることになります。そこで視力や視野のチェック、眼障害がないかなどを診てもらうことになります。処方箋の紙を入手するという目的に以外にも、眼に異常がないかをチェックする機会ともなっているのです。

 

コンタクトレンズ(以下略してCL)にはハードCLとソフトCLがあります。使い捨てCLは、ソフトCLに属します。ハードとソフトの安全面の違いを見ると、ソフトCLの方が眼障害がわかりずらいという現実があります。その理由は、ハードですと、何か問題があると、目の痛み等が感じやすいのに対して、ソフトCLは眼に何かしらの異常があっても、自覚し難いからなのです。

 

それだけに、もし眼障害があったとしても気がつかずに、ずっとコンタクトを装用し続けてしまう恐れがあります。そうしている間に眼疾患が深刻な状態まで進んでしまう危険もあります。

 

コンタクト購入時に処方箋を入手する必要があれば、その機会に眼障害がないか診てもらえる機会となりえます。自覚症状だけに頼っていたら眼科に行かなかったような人も、その機会に眼障害を発見できることになるかもしれません。

処方箋提出イコール眼定期健診の機会関連ページ

アメリカではコンタクトレンズ処方箋提出は法制化?!
アメリカでで使い捨てコンタクトレンズを購入する際に、処方箋の提出は求められるのか?!
厚生労働省では自主規制を推進している
使い捨てコンタクトレンズの販売や、利用者の安全性について日本の厚生労働省はどのような考えや取り組みをしているのか。
処方箋があれば最新のレンズデータが知れる
コンタクトレンズ処方箋を発行してもらうということは、あなたにとっての最新のレンズデータを入手するということです。
眼科はコンタクトレンズ処方箋発行のみは受けたくない
コンタクトレンズの処方箋の発行のみを依頼してくる患者を、眼科医は正直受けたくありません。
販売店が受けるコンタクトレンズメーカーからの圧力
コンタクトレンズ販売店とレンズメーカーとの関係を知るといろいろと見えてくることがあります。